地盤調査・地質調査・土質試験のコンサルタント|土質エンジニア株式会社

地質・地盤調査、土質試験、土壌・地下汚染調査の土質エンジニア株式会社

営業時間 8:30~17:00 平日:月~金

営業エリア:神奈川県をメインに関東地区



menu

PAGE TO TOP

よくある質問

よくある質問

Q
建物を建てる際になぜ地質調査をするのか?
A

建築の際の地質調査は、目的によっても異なりますが、「最適な建築方法・設計をするため」に行われます。対象地の地盤の状態に合わせた適切な建築法・設計法を用いることで、建物の安全性が長期的にも確保され、機能が発揮されます。これらの調査は法律により義務付けられています。

Q
最も使用の多い調査・試験方法は何か?
A

ほとんどの調査方法・試験方法のために行われる「機械ボーリング」が最も使用が多いと思われます。しかし、状況により孔を空ける必要がない場合には様々な「原位置試験」や、その一つである「スウェーデン式サウンディング試験」が多く用いられています。

Q
機械ボーリング調査とはどのようなもので どんな時に行うの?
A

機械ボーリングとは調査・試験対象地盤に「孔をあける」作業の事です。この孔は、地盤の土層構成や土質状況の観察、硬軟、締り具合を測定する目的であけられ、標準貫入試験や各種サンプリングをはじめとする様々な種類の調査・試験を行うために必要な作業です。

Q
スウェーデン式サウンディング試験はどのようなもので どんな時に行うの?
A

この試験法は日本工業規格JIS A1221に定められているもので、主に粘性土や砂の一部に適応されています。この試験に使用される試験機は簡易な作りで、ほぼどんな場所でも対応でき、特に軟弱な地盤の強度や支持力を測定するために用いられています。

Q
土壌・地下水汚染調査はどのような時に行うの?
A

過去に有害な物質を扱った工場や区域、または「各都道府県知事などにより人体に被害を及ぼすおそれがあると認められた土地」の再利用に関して「土壌汚染対策法」により土壌・地下水汚染調査と、汚染の除去が義務付けられていますが、対象地以外でも健康リスクへの懸念から、調査を依頼されるお客様は増えています。




Copyright (C) Doshitsu Engineer Co,.Ltd. All Rights Reserved.