地盤調査・地質調査・土質試験のコンサルタント|土質エンジニア株式会社

地質・地盤調査、土質試験、土壌・地下汚染調査の土質エンジニア株式会社

営業時間 8:30~17:00 平日:月~金

営業エリア:神奈川県をメインに関東地区



menu

PAGE TO TOP

ブログ

地震について

地震はなぜ起こるか?

気象庁によれば、地下で起きる岩盤の「ずれ」により発生する現象であると言われています。

では、なぜ地下の岩盤が「ずれ」るのでしょうか。

プレートテクトニクスと言われる説で説明されています。

つまり、地球は十数枚のプレートで出来ており、このプレートが地球内部のマントルが対流する事によりプレートが動き地震が発生するものと考えられています。

地球内部のマントル対流とプレートの動き
地球内部のマントル対流とプレートの動き

地球のプレート
地球のプレート

上の図のように、地球には十数枚のプレートがあり、このプレートのが1年に数センチ動いているそうです。

日本はユーラシアプレートと北アメリカプレート、太平洋プレート、フィリピンプレートと4枚のプレートが集まっているのです。

当然ながら、プレートの数多い所では歪みが多く発生する訳ですから、地震も多いことになります。

下図は日本付近の地震の発生状況です。

プレート付近の地震発生状況
プレート付近の地震発生状況

各プレート付近の境目で地震が非常に多く発生している事が解ります。

特に日本海溝付近、伊豆・小笠原海溝付近、南西諸島海溝付近が目立ちます。

下の図は各プレートの動きと1年に動く量を示した図です。

プレートの動き
プレートの動き

この図からは日本海溝の動きが最も早く、7cm/年となっている事からも地震が多く発生する事が理解できます。

東日本大震災が日本海溝付近で発生したものであり、プレートの動きが速いため歪みが多く発生する事になるのでしょう。

下記の図はプレートの動きとプレートのもぐり込みを示したものです。

プレトのもぐり込みとプレート境界の地震発生
プレトのもぐり込みとプレート境界の地震発生

上の図のように、太平洋プレートが北米プレートとフィリピンプレートの下にもぐり込み、フィリピンプレートがユーラシアプレートと北米プレートに、もぐり込んでいるのがよく分かります。

プレートにプレートがもぐり込む事により、歪みが発生してエネルギーが蓄積されて、やがて歪みを解消するがごとく、プレートが大きく揺れ動いたり、跳ね返えったりして地震が起きると考えられています。

東日本大震災は恐らく、太平洋プレートが北米プレートにもぐり込み、北米プレートが大きく跳ね返ったりして、海底のプレートが大きく動いたため、津波が発生したものと思います。

このような地震は日本列島の宿命ともいえる現象であると言えます。このようにはっきりと地震の仕組みが理解できる所まできていますので、これに対する対策を早く講ずる必要があると思います。


Copyright (C) Doshitsu Engineer Co,.Ltd. All Rights Reserved.