地盤調査・地質調査・土質試験のコンサルタント|土質エンジニア株式会社

地質・地盤調査、土質試験、土壌・地下汚染調査の土質エンジニア株式会社

営業時間 8:30~17:00 平日:月~金

営業エリア:神奈川県をメインに関東地区



menu

PAGE TO TOP

地盤調査(原位置試験)

調査対象

主に詳細な地盤強度、変形特性や透水性等の測定。

原位置試験

機械ボーリングによらない方法で、地質調査において、主に地盤の強度、支持力、変形等の計測目的で用いられます。当社では原位置試験において、代表的な平板載荷試験、スウェーデン式サウンディング試験、杭の載荷試験、CBR調査等を行います。
◎各試験の関連大系については、地質フローチャートを参照してください。

平板載荷試験(ウェイト法)

計画基礎底面などにおいて地盤の支持力強度を求める目的で行うものであるが、実際の荷重(バックホー、H鋼、鉄板、土砂、重機)を架台に載せて、地盤に設置した平板にジャッキーにより荷重を制御しながら伝える方法である。


平板載荷試験(スクリューアンカ法)

同じく平板載荷試験の荷重の設置方法の違いで、鋼製のスクリューアンカーを地盤内にねじのように食い込ませて引き抜き反力を利用して地盤に設置した平板に、ジャッキーにより荷重を制御しながら伝える方法である。

特徴

平板載荷試験は原位置試験の中でボーリングを行わない方法で、地盤の支持力や強度を求める目的で実施する。原位置試験には他に杭の載荷試験や現場CBR試験等がある。
平板載荷試験は構造物基礎に対して杭を打たない、直接基礎の場合に行う試験である。杭の載荷試験は杭の1本の支持力を求める目的で実施される。


スウェーデン式サウンディング試験

この試験は日本工業規格JIS A1221に定められているもので、主に粘性土や砂の一部に適応されている。試験の目的は地盤の硬軟又は締まり具合を測定するもので、土層については推定となる。試験方法は100kgのおもりをクランプに載せ、回転させて貫入するもので25cm貫入させるのに要する回転数を測定して、地盤の強度及び支持力を求めるものである。

特徴

試験機は簡易であるため、ほぼどこの場所でも実施可能であり、特に軟弱な地盤に対しては有効である。試験機の構造は100kgのおもりの内訳として25kgが3枚、10kg2枚、5kgが1枚に分かれており、地盤の強さに応じ100kgまで乗せていく。100kgで沈下しない時は半回転させ1回とし、25cm貫入させる半回転を求める。


CBR調査及び試験

この試験は室内試験で求められるもので、現場では試料を採取して室内に持ち込む。試験の目的は道路の舗装をする際に土質強度を求めて舗装の厚さを決定するために実施される。

特徴

室内に持ち込まれた試料は突き固めて供試体を作成する場合と、現場で乱さない試料採取した場合は成形して行う場合がある。試験値は%で現わし、一般の土質的強度の求め方と異なる。


地下調査フローチャートに関して

当社の業務内容をフローチャート化したものです。

『文献・資料調査』→ 『現地調査』→ 『室内試験』→ 『解析』まで詳しい内容をお知りになりたい方は「地下調査フローチャート詳細(PDF)」をご覧ください。

「地下調査フローチャート詳細」を表示・印刷するにはAcrobat Readerが必要です。


Copyright (C) Doshitsu Engineer Co,.Ltd. All Rights Reserved.