地盤調査・地質調査・土質試験のコンサルタント|土質エンジニア株式会社

地質・地盤調査、土質試験、土壌・地下汚染調査の土質エンジニア株式会社

営業時間 8:30~17:00 平日:月~金

営業エリア:神奈川県をメインに関東地区



menu

PAGE TO TOP

ブログ

土を調べる②

標準貫入試験については、どんな事をするのか?

標準貫入試験は10年ほど前に世界共通になりました。ですから、世界中で同じやり方をしてるのです。

下の写真と隣の図を見て下さい。 中には標準貫入試験用のサンプラーが入っています。

地上ではハンマー63.5kgを75cm受けから自由落下させます。

この時に、標準貫入試験用サンプラーを30cm打ち込むのに何回、落下させたかを計ります。

3回で30cm打ち込んだ場合はN=3となるのです。

簡単に言えば、こんな感じです。

30cm打ち込んだ時にサンプラーに土が入ってきますので、これを見て色々な土の判断をします。

このN値を使って土の硬さを判断する訳です。

N値を使って判断する式が多数研究されています。

とま~理屈ぽくなりましたが、仕組みは簡単です。

判断は難しいのですが・・・・

こうして見ると、何気なく見ていた土も色々な理解ができるな~と考えられると思います。

何かもし、疑問があればメール下さい。

すこしは助けになれると思います。

土や岩はいわば地球の歴史と共にできたものです。

地下には地球の過去が埋まっています。

今度は土層や地層について話をしたいと思います。


Copyright (C) Doshitsu Engineer Co,.Ltd. All Rights Reserved.